常盤堂製菓

匠の心と業に磨かれた秘伝の味わい 播州姫路城下の伝統の味を常盤堂から

オンラインショップ

姫路城

姫路が世界に誇る白亜の姫路城

 シラサギが翼を広げたような優美な姿から「白鷺城(はくろじょう)」の名で親しまれている国宝・世界文化遺産 姫路城。
 連立式天守をはじめとする独特の建築構造とともに、陽の光を受けてさらに白さが際立つ白漆喰の城壁、巧妙な螺旋式縄張りなど美しさと鉄壁の仕掛けを兼ね備えた、姫路が世界に誇る名城です。
 城内には羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が城主だった頃の遺構と言われている油壁や波乱に満ちた運命をたどった千姫ゆかりの化粧櫓、怪談『播州皿屋敷』で知られるお菊井戸、城内で生まれた天才軍師 黒田官兵衛(黒田孝高、のちの黒田如水)ゆかりの瓦と言われている十字門の鬼瓦など、見どころ満載です。

築城から一度も戦にまみえることのなかった平和の城

 池田輝政による築城から400年余り、数々の動乱の時代を経ながらも、姫路城は一度も戦にまみえることなく、平和の城として、その堂々たる姿で姫路の人々に親しまれてきました。
 第二次世界大戦中の1945(昭和20)年、無数の焼夷弾が落とされ、姫路市街地が一面炎に包まれた姫路空襲でも、大天守や西の丸に被弾しながらも、奇跡的に不発。城への被害は最小限に抑えられました。
 多くの人命や家屋を失った姫路の地で、誇り高くそびえ立つ姫路城は、その後戦災復興に立ち上がった姫路の人々にとって大きな心の支えとなったのです。

福崎町と柳田國男

福崎町生まれの柳田國男

 日本民俗学の創始者として日本各地を転々としながら庶民の暮らしや伝説、民話を集め、『遠野物語』『常民』『海上の道』などの著書でも知られる福崎町出身の偉人、柳田國男(1875〜1962年)。
 自然に囲まれたのどかな環境の中、辻川界隈にはその功績を紹介する記念館と、柳田本人が「日本一小さい家」と表現し、民俗学への志の源となったといわれる生家(兵庫県指定重要民俗文化財、1974年に現在の場所に移設)が大切に保存されています。

妖怪の町、福崎町

 福崎町は、民俗学をきっかけに妖怪にも強い関心を持っていた柳田國男にちなみ、妖怪を活かした町おこしで話題を呼んでいます。
 柳田國男生家近くにある辻川山公園では、ため池に彼の著書『故郷七十年』に登場する市川の駒ヶ岩に住む河童のガタロ(河太郎)をモチーフにした2体の兄弟の河童像が設置されており、一風変わった人気の観光スポットになっています。また、2016年には新たに逆さ吊りの天狗像がお目見え。河童に引けを取らない迫力で訪れる人の目を楽しませています。

姫路城

プライバシーポリシー

↑